STAGEAの演奏をCDにするLet's Study!

AUDIOファイル1


AUDIOファイルの一般的な種類

PCに取り込んだデジタルオーディオは
WAVAIFFMP3などのオーディオファイルに変換されます。

変換機能が装備されている機材やソフトを使うと
PCに取り込んだ時点でオーディオファイル形式になっていますので
ちょっとその部分の感覚が分かりにくいと思いますが
殆どの機材やソフトでは<ファイル形式の選択>ができます。

よく使われるオーディオファイルについて簡単に。

WAV・・Windowsの標準音声ファイル形式/拡張子<.wav>
AIFF・・Macの標準音声ファイル形式/拡張子<.aif><.aiff>

MP3・・MPEG Audio Layer3 圧縮ファイル/拡張子<.mp3>
     音楽CDの音質との差を余り感じさせない程度(128kbps)まで圧縮できる
    (音楽CD=1411.2kbps)

AAC・・MPEG-2またはMPEG-4で用いられる圧縮方式
    iTunes や iPod などで使用されている形式。
    拡張子<.aac><.mp4><.m4a><.m4b>

Real Audio・・RealNetWork社開発の音声圧縮方式のファイル
         拡張子<.ra><.rm><.ram>

WMA・・Windowsの標準音声圧縮方式のファイル/拡張子<.wma>
 
他にも幾つかありますが、このくらい知っておけば何とかなると思います。
上記ではWAV・AIFFファイルが非圧縮ファイルとなります。
非圧縮ファイルはサイズが非常に大きいので
iPod で聴いたりメールで送ったり、ウェブに載せたりする時には
圧縮してサイズを軽くします。
それがMP3・AAC等の圧縮ファイルです。

現在、CD再生機で再生できるファイルは大体が『非圧縮ファイル』で
MP3のような圧縮ファイルが再生できない機器が多くなっています。
厳密に言えば 「非圧縮ファイル形式になっているもの」です。

音楽CD再生機には以下のような基準があり
<PCM/CD-DA サンプリング周波数44.1kHz・16bit・2chステレオ>
MP3などの非可逆圧縮ファイル(下記で説明)は
そのままの状態(圧縮ファイルのまま)では再生できません。

MP3などの非可逆圧縮ファイルを一般のCD再生機で再生させるには
ライティングソフトで<音楽CD形式>のフォーマットをして
※形式だけ非圧縮ファイルにしてCDに書き込みます。
が、圧縮ファイルを音楽CD形式にフォーマットすると
圧縮ファイルなのに重さだけが非圧縮ファイルと同じになる
ので
実際の容量は少ないのにCDに書き込める量が少なくなる・・

つまり
格好だけで中身の薄い・・
言い方が悪いですがそんな感じになるわけですね

CDの画像


さて、MP3などの<非可逆圧縮ファイル>についてですが
圧縮はその殆どが「非可逆圧縮」という
「可聴域を超える音の切り捨て方式」でサイズを小さくしています。

これは文字通り、元の音声の一部分を切り捨てるので
一度この方式で圧縮してしまうと元の状態には戻りません
覆水盆に返らず・・

もちろん、変換の際には
元の非圧縮ファイルとは別に圧縮ファイルが作成されますので
間違えてゴミ箱に捨てさえしなければ
元のファイルは残っていますので大丈夫です。

★★★
標準搭載されているi-Tuneなどのアプリには
取り込んだ圧縮ファイルを
瞬時に非圧縮フォーマットに作成する機能が装備されていますが
これは、一度圧縮したデータファイルの容量が増えるだけで
音質は圧縮されたものと同じです。

つまり一般のCD再生機で再生させる為に
MP3などの非可逆圧縮ファイルを音楽CD形式にフォーマットをしても
音質は圧縮されたMP3の音質のまま
ということです。

ただ最近では、高機能のカーコンポや家庭用のCD再生機でも
圧縮データ再生可能なものが多く出てきており
再生音質も良いので、音楽CD形式にフォーマットしなくても
圧縮ファイルのまま十分楽しめる時代になってきています。  

SONYマルチオーディオコンポCMT-SX7の画像
 SONY CMT-SX7 SONYマルチオーディオコンポCMT-SX7

AUDIOファイル2
*study topに戻る

*このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*

music-team YAMATO

music-team YAMATO