音楽教室のオンラインレッスンについて−11Let's Study!

設定1/ミキサー型オーディオインターフェースを使う1


※このページは随時、追記・編集する可能性があります/最終更新日:2020.06.17

オーディオインターフェースYAMAHA NetDuettoを使用するー1

これまで考えてきたセッティングの状況から
音ズレ・音質の問題をクリアする為には
オーディオインターフェース&音楽用の高速サーバが必要なことがわかりました。
そこでここからは
オーディオインターフェースとNetDuettoを使用したオンラインレッスンについて
準備と設定方法を記していくことにします。

オーディオインターフェースにはマイクインのあるものと無いものがありますが
オンラインレッスンでの設定をできる限り簡単にする為に
マイクをインターフェースにインしてSTAGEAと一緒にPCに送る方法から説明していきます。

その前に・・Windowsを使用される場合
Windows標準搭載のオーディオドライバでは、今回の動作を快適に動かすことが難しいので

 ASIOロゴ WindowsにはASIOドライバをインストールします
 用意するオーディオインターフェースは、このASIOドライバに対応する製品を選んで下さい

<マイクインのあるオーディオインターフェースを使用する場合の準備>

<準備するもの>
*パソコン
※NetDuettoの対応OSに注意
*マイク
*ブロードバンド環境(光回線など)での有線接続
*標準プラグ(2本)

<接続方法>
① STAGEAのAuxOut
(L/RまたはLR)からオーディオインターフェースのINに標準プラグを接続
② オーディオインターフェースのMIC INにマイクを接続
③ オーディオインターフェースのUSB OUTからPCにUSB接続


<PC上での準備>
① ZoomまたはSkypeなどの通信アプリをインストールする
② ASIOドライバをインストールする/Windowsのみ
NetDuettoをダウンロードする
  インストール・設定方法
BlackHole等の仮想オーディオデバイスをインストールする/Macのみ


<オーディオインターフェースを選ぶ>
○ アナログミキサータイプ
 *各機材の音量やパン、製品によってはEQやエフェクト等の設定が可能
 *デジタルに比べ扱いが簡単
 *設定を保存できないので、その都度設定をする


ART/USB アナログミキサー
 ART/USB Mix Project Series

とても簡易で扱いやすいアナログのミキサー型です。
マイク入力のある2+1chのラインIN
バスパワー・ACアダプターいずれもOK
Audacityの録音ソフトが付属されます。


ART/USB-mix4 アナログミキサー
 ART/USB MIX4

ART/USB Mixを少し複雑にしたような感じに見える同メーカーの製品ですが
基本的な操作はほぼ同じです。
ch1・2のEQとPANが設定でき、ステレオミニフォンのAuxInからスマホも接続できます。
現在値下げしており、ART/USB Mixと余り変わらない値段になっています。


CLASSIC PRO/MX-EZ4
CLASSIC PRO/MX-EZ4

ch1・2にはマイクとラインの入力端子が別になっていて、わかりやすいモデルです。
1chまたは2chにマイク、STAGEAは3ch・4chにLRで入力します。
また別にピンプラグでの2TR入出力端子も装備

CLASSIC PRO/MX-EZ6
CLASSIC PRO/MX-EZ6

同じモデルの上位機種です。
入力数が増えているだけで、扱いは同じです。

○ デジタルミキサータイプ
 *各機材の音量やパン、製品によってはEQやエフェクト等の設定が可能
 *アナログに比べ操作がやや難しい
 *設定を保存できるので、シーンに合わせた設定がすぐに再現できる


今回はオンラインレッスンの為に使うインターフェースとして
できる限り簡単で扱いやすい製品を対象に探してみましたので
デジタルタイプは避けた方が良いと感じました。

これからオーディオインターフェースの購入を考えている方は
レッスンに使う楽器が何台あるかを考え
例えば電子ピアノとSTAGEAの2台であれば、レッスンごとに繋ぎ変えなくてもいいように
4イン(またはステレオ2イン)とマイクインがあるミキサー型の機材を用意するなど
レッスン環境を考えて用意すれば良いと思います。

次はマイクインのあるオーディオインターフェースの設定方法
*study topに戻る

*このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*

music-team YAMATO

music-team YAMATO