音楽教室のオンラインレッスンについて−13Let's Study!

設定3/NetDuettoを使用する


※このページは随時、追記・編集する可能性があります/最終更新日:2020.06.17

オーディオインターフェースYAMAHA NetDuettoを使用するー3

<NetoDuettoを使用した設定方法>
まず最初に・・
NetDuettoを使用する場合は、レッスンする双方でアプリを使用する必要がありますので
レッスンの際は、受講者側にもある程度の準備や設定が必要になるということです。

ですので、受講者側で設定が難しい状態であれば NetDuettoは使えません
ただ、無料インストール&アンインストーラーもパッケージされていますし
インターフェースさえ準備できれば生徒さんにもぜひ使って頂きたいところです・・。

前のページにも記載しましたが
WindowsPCで使用する場合は、事前にASIOドライバをインストールします。
Macの場合は、ASIOと同レベルの音声フレームワーク「CoreAudio」が標準装備されており
ドライバのインストールは必要ありませんが
BlackHole等の仮想オーディオデバイスをインストールする必要があります。

NetDuettoのダウンロードインストール方法
簡単にインストールできますので、サイトの説明通りに進んで下さい。

マイク端子のあるオーディオインターフェースを使用する場合

最初の画面で、左上のニックネームと楽器の画像選択を行います。
鍵盤楽器は楽器2に入っていますのでクリックして選択します。

 Net Duetto TOPページ

上の図の「インプット」には
インターフェースから送られたSTAGEAの音+マイクの声が入りますので
それぞれの音量はSTAGEAは本体及びインターフェースで調整します。
セッションする場合、音声が送られる相手にもここで設定した音量が届きます。

その下の「オーディオプレイヤー」では
PCの中にあるオーディオファイル(mp3やwav)の音量を調整できます。
STAGEAでwav変換したファイルをレッスン中に聴いたりできますね。
その場合は、STAGEAから流すのではなく一度PCにファイルを移動させます。

そして一番下の「マスターアウト」
これは出力される音の全ての音量調整です。
セッションする場合でも、ここの音量は相手には影響しません。

このあとの設定はインストール方法のページに、非常に丁寧に記載されていますので
主な部分だけ補足しておきます。
※下の図はMacでの設定画面です

『設定』画面
Net Duetto 設定ページ


*サンプリング周波数・・44100Hz
            使用するインターフェースのサンプリング周波数と合わせることが推奨されています
*バッファサイズ・・128〜256
          まず256に設定して作動に問題がなければ下げる方法をとってみて下さい。
          (バッファサイズが小さいほど音ズレは減るが、PCへの負荷が増す)
*モニタリング・・モニタリングする(遅延あり)
*入力チャンネル・・STAGEA:ステレオにチェック
*拡張チャンネル・・オーディオインターフェースで3ch以上の入力をする場合はここで拡張できます
マイクを使用する際は、この拡張チャンネルを使います

右側
*基本音質設定・・標準
         この設定では自動的に低い方の音質に合わせるようなので
         お互いに同じ音質にしておきます。

こういった設定では良質なものを選択すればするほど
PCの処理能力を問われることになります。
特にバッファサイズはPCの処理能力に大きく関わってきますので
使用されるPCの能力と相談しながら、うまく作動するように程々に設定すると良いと思います。

次にSkypeまたはZoomの設定です。
その前に、NetDuettoを使用する際のZoomやSkypeの役割について

NetDuettoは音楽のセッション用アプリなので映像は相手に届きません
「顔は要らん」と言う場合はSkypeやZoomも必要ないわけです。
でもそれではオンラインレッスンはできないので
映像出力のあるSkypeやZoomを併用することになります。

そこで問題は、音声の出力です。
NetDuettoだけでも音声は入出力されますので
SkypeやZoomを使うと音声部分がバッティングしてしまいます
ですのでSkypeやZoomのオーディオ設定では
「音声を使用しない」または「音量をゼロ」
にしてNetDuettoの音声だけを入出力させます。

またWindows・Mac共に、内蔵マイクや外部マイクを使用する際には
LadioCast等の音声ミキサーアプリをインストールするか
PCのサウンド設定での入出力設定が必要になります。
これに関しては次の
マイクインの無いインターフェースを使う場合に記載します。

*study topに戻る

*このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*

music-team YAMATO

music-team YAMATO